補助金関係情報

補助金情報

宿泊施設バリアフリー化補助金

【補助対象事業】旅館・ホテル等の宿泊施設が実施する客室や共有部のバリアフリー化支援する

① 客室の必要最低限の改修等

② 共有部の改修等

③ 客室の大規模改修等

【補助対象事業者】旅館業法の営業許可を得た宿泊事業者(旅館・ホテル等)

【補助金額】

一般客室のレベルアップ 客室の必要最低限の改修

上限 100万円(定額補助)

上限 500万円 補助率(2分の1)

【公募期間 令和元年年度6月4日 ~ 令和元年度8月2日

 

※2019年 第二期募集開始

https://www.mlit.go.jp/kankocho/topics06_000191.html

 

 


Read more.

宿泊施設基本的ストレスフリー環境整備事業

【補助対象事業】共用部における基本的なインバウンド受入環境整備を支援する

① Wi-Fi 環境整備

② トイレの洋式化

③ 多言語対応を図るための整備

④ 決済端末の整備

⑤ 自社サイト多言語化

⑥ ムスリム受入マニュアル作成

⑦ その他訪日外国人旅行者がストレスフリーで快適に宿泊できる環境を整備するために必要な整備

 

【補助対象事業者】旅館業法の営業許可を得た宿泊事業者(旅館・ホテル等)

【補助金額】150万円以内(下限20万円)

【補助率】1/3

【請公募期間】令和元年度5月15日 ~ 令和元年度7月19日

 

※本事業は『宿泊施設インバンウンド対応支援事業』から『宿泊施設基本的ストレスフリー環境整備事業』に名称変更

本年度より補助金額の上限を100万円から150万円に引上を行いました

http://www.mlit.go.jp/kankocho/news06_000403.html

 


Read more.

宿泊施設受入環境整備支援事業費補助金

【補助対象事業者】旅館・ホテル等宿泊業者

【補助対象事業】特定の顧客ニーズに応える取組
例:サイクルツーリズムに対応するための駐輪場整備
初心者登山客を受入強化のためのレンタル用登山用具の購入 等
※インバウンド対策として行う取組については、2つ以上の取組を内容とすること
※審査会により事業認定を行います

【補助金額】100万円以内(下限20万円)

【補助率】1/2

【補助対象経費】消耗品費、修繕料、役務費、委託料、使用料、工事請負費、備品購入費等

【申請開始予定日】4月26日(予定)

 

平成31年度の観光関連産業の補助金・研修について情報提供をさせていただきます。
つきましては、ご活用の予定のある事業者様におかれては、日程の確保・申込準備をお願いします。
正式申込受付は4月中旬以降、随時県庁HP等でお知らせしますが、事前に申請様式等が必要な方は、商業・サービス業振興課(※)(097-506-3285 担当:大原氏又は田西氏)までお知らせ下さい。


Read more.

Webページ改善実践研修&支援事業費補助金

 (※補助を受けるにはWeb講座の受講とクリエイターマッチング支援機関によるマッチングが必須)

◆Web講座

【開催日時】6月17~18日(2日間)両日とも10:00~16:00

【場所】豊の国健康ランド(大分市)

【対象者】旅館・ホテル等宿泊業者

【研修内容】Webマーケティング、HP改善における着眼点

【講師】(株)キャブ代表取締役 苦田 高志

【受講料】無料

【定員】20名程度

【研修受講のメリット】受講者限定の補助制度あり ※申し込み先着順(予算額に到達次第終了)

【申込受付予定日】4月中旬(予定)

◆補助金

【補助対象事業者】旅館・ホテル等宿泊業者

【補助対象事業】Webページの改善に関する取組
 (注)以下が補助の必須要件となります
 ①上記Webページ改善に関する講座を受講すること
 ②県が指定するクリエイターマッチング支援機関によるマッチングを受けること

【補助金額】75万円以内

【補助率】1/2

【補助対象経費】クリエイターマッチング経費、委託料等

【申請開始予定日】研修受講後

 

平成31年度の観光関連産業の補助金・研修について情報提供をさせていただきます。
つきましては、ご活用の予定のある事業者様におかれては、日程の確保・申込準備をお願いします。
正式申込受付は4月中旬以降、随時県庁HP等でお知らせしますが、事前に申請様式等が必要な方は、商業・サービス業振興課(※)(097-506-3285 担当:大原氏又は田西氏)までお知らせ下さい。


Read more.

観光体験サービス開発支援事業費補助金

【補助対象事業者】観光体験サービス事業者、旅館・ホテル等宿泊業者等

【補助対象事業】
 宿泊業者と連携(宿泊業者は単独でも可)した新たな有料の観光体験サービスの開発(創出・改良)で、事業実施年度を含め3年後までに、労働生産性向上2%以上を目指す取組
 ※審査会により事業認定を行います

【補助金額】100万円以内

【補助率】1/2

【補助対象経費】旅費、消耗品費、修繕料、役務費、使用料、備品購入費等

【申請開始予定日】4月26日(予定)

 

平成31年度の観光関連産業の補助金・研修について情報提供をさせていただきます。
つきましては、ご活用の予定のある事業者様におかれては、日程の確保・申込準備をお願いします。
正式申込受付は4月中旬以降、随時県庁HP等でお知らせしますが、事前に申請様式等が必要な方は、商業・サービス業振興課(※)(097-506-3285 担当:大原氏又は田西氏)までお知らせ下さい。


Read more.

補助金の利用

補助金利用イメージ

◇インバウンド対策に使える補助金

 政府は、政策の方向性として『観光先進国への新たな国づくり』を打ち出し、平成28年に内閣総理大臣を議長とする「明日の日本を支える観光ビジョン構想会議」において、『明日の日本を支える観光ビジョン』を策定しました。この『明日の日本を支える観光ビジョン』では「ストレスなく、快適に観光を満喫できる環境整備」に向け、政府主導によるインバウンド受け入れ態勢強化を進めて行くことがしめされ、「訪日外国人旅行者受入環境整備緊急対策事業」として補助金の交付が盛り込まれています。
また、中小企業庁が交付する各補助金などをインバウンド対応に活用する事も有効な手段となります。

※各補助金には公募期間があります。

旅行環境整備事業

 この補助金は、「観光先進国」の実現に向けて、ストレスフリーで快適に旅行できる環境の整備を図るため、「交通サービス旅行環境整備支援事業」「地方での消費拡大に向けた旅行環境整備支援事業」を対象として補助金の交付を行うことにより、全ての旅行者の旅行環境整備を行うための対策を促進することを目的としています。
→ 公募詳細は観光庁のサイトへ

訪日外国人旅行者受入環境緊急対策事業

 この補助金は、訪日外国人旅行者数4,000万人、6,000万人の実現に向けて、滞在時の快適性及び観光地の魅力向上並びに観光地までの移動円滑化等を図るため、「宿泊施設インバウンド対応支援事業」、「交通サービスインバウンド対応支援事業」、「地方での消費拡大に向けたインバウンド対応支援事業」を対象として補助金の交付を行うことにより、訪日外国人旅行者の受入環境整備を行うための緊急対策を促進することを目的としています。
→ 公募詳細は観光庁のサイトへ


≫ツーリズムおおいた提供の情報

「ツーリズムおおいた」が大分県の観光関係事業者に大分県内各市町村がもつ助成金情報を提供しています。(注:平成30年度版)※平成31年度についての公募については、各市町村にお問合せください。
→ 平成30年度 市町村がもつ助成制度一覧